VPSとは?MT4を24時間稼働させるためには?

VPSとは?

VPSとは「Virtual Privete server」の略で、日本語で「仮想専用サーバー」であり、1台の物理的なサーバーの中に、仮想的に実効性があるいくつもの専用サーバーを築き上げています。仮想的な専用サーバーの中でパソコンを稼働させるというような利用の方法があります。

FXでのVPSの活用のされ方

FXにおけるVPSのシステムは、トレーダーのMT4/MT5をVPSサーバーにインストールして稼働させます。MT4に自動売買がセットされていれば24時間稼働しポジションを持ったり決済します。また、トレーダーがパソコンから操作することも可能です。

そして、VPSサーバーとFXブローカーのトレードサーバーが近ければ近いほどレイテンシー(遅延)を軽減でき約定スピードがアップします。また、自宅でパソコンを稼働させる必要もなくなるので電気代を節約できるメリットが存在します。

MT4を24時間稼働させるために必須

MT4/MT5においてのFX自動売買(EA)では、パソコンを24時間インターネットに接続させておく必要があります。FX自動売買がポジションを建てたり決済する際にパソコンが常に適正に稼働していなければなりませんが、停電や故障などによってパソコンがストップするリスクがあります。

MT4によるFX自動売買は、人手要らずで機械任せにできるメリットがありますが、本格的な自動売買を望むなら、そういうようなリスクを無くすためにVPSが必要なのです。

スプレッドが安定し、狭くなる

VPSを導入するとレイテンシー(遅延)を抑えて約定スピードが上昇に向かうとお伝えしました、約定スピードがアップするとスプレッドも安定し狭くなる傾向があります。FXではトレードコストを低くすることも重要ですから、スプレッドが狭くなるほど自動売買(EA)だけに限らずスキャルピングなどにもプラスに働きます。

例えば、相場状況にも因りますが、自動売買(EA)に関してもトレード回数が多種多様になることもあり、スキャルピングの場合も同じ様にスプレッドが狭くなるほど費用を少なくできるおすすめポイントがあります。

では、FXで活用されているメインのVPSサービスを比較していきましょう。

オーソドックスなVPSサービスを比較

MT4に特化している代表的なVPSサービスには下記があります。

代表的なVPSサービス
日本国内: お名前.com デスクトップクラウド for MT4
海外: Meta TraderのVPSサービス
海外: XMのVPSサービス

以下でそれぞれの仕様を比較対照します。

VPS3社を比較、海外のVPSが安い!

お名前.comはご存知の方も多いと思いますが、Meta TraderのVPSは、MT4やMT5を開発したMetaQuotes社が運営しているMQL5でリリースされているサービスになります。XMのVPSは、海外FX業者のXMが提供しており、ワールドワイドで有名企業のホスティングサービス事業者であるBEEKS社のVPSを使用できます。

お名前.com
デスクトップクラウド for MT4
Meta Trader
VPSサービス
XM
VPSサービス
OS Windows Server 2019 Windows Server 2012 Windows Server 2012
メモリ 1.5GB 3GB 1.5GB
ディスク容量 50GB 16GB 20GB
VPS設置場所 日本 ロンドンなど ロンドン
トレードサーバ
設置場所
日本国内
(国内FX会社)
海外FX業者の
トレードサーバー
XMは
ロンドン
MT4複数稼働
月額利用料(税別) 1ヶ月 2,950円
6ヶ月 2,655円
1年 2,360円
2年 2,300円
1ヶ月 1,000円
3ヶ月 2,800円
6ヶ月 5,500円
1年 10,000円
一律2,800円
※口座残高5,000ドル以上かつ毎月取引量5ロット以上なら無料

価格的にはMeta TraderのVPSがぶっちぎりに安いですが、先に述べたスペックを見て、どちらがベストなのかお判りになりますか?

私は、安さだけに限らず、次にあげる理由からXMとMeta Traderのサービスを利用しています。

VPSとFXブローカーのトレードサーバーが近いほど性能が高い

メモリやディスク容量などが評価対象となることがよくありますが、VPSとトレードサーバーの設置場所もとっても重要です。どうしてかというと、メモリとディスク容量が大きくても通信距離が長いと通信速度が遅くなってしまうからです。

そういう理由で、海外FX口座を使用している私は、VPSとトレードサーバーが同じロンドンに設置されていて、通信距離が短いXMとMeta TraderのVPSを利用しています。

わかりやすく言うと、XMの取引口座でトレードを行う場合はXMのVPSサーバーを利用し、その他の海外FX業者を使う時にはMeta Traderのサービスを利用しています。

具体的に言えば、XMを利用する場合のお名前.comの通信速度は平均250msですが、XMのVPSでは平均10msまで下がるので、その差分が約定力のアップにつながります。

海外VPSならスプレッドを狭くできる

約定力がアップすることで、0.2~0.3pipsくらい狭いスプレッドに望みが持てます。

このくらいスプレッドが狭くなるのであれば、通貨ペアにもよりますが「スタンダード口座(STP口座)」の方が取引手数料込みのECN口座のスプレッドよりも有利になることもあります。

安くて性能が良いことから、海外FXでの自動売買にはMeta Trader及びXMのVPSの方が優れており、スキャルピングを多用するトレーダーにもベストだと言えます。