Tradeviewの最大の魅力は「業界最狭水準のスプレッド」と「高約定力」です!

Tradeview最大の優れた点は「業界最狭水準のスプレッド」と「高約定力」

Tradeviewは2004年に設立されたFX業者で、設立から約15年の中堅クラスの業者です。イギリス領の「ケイマン諸島」に本社を置いており、CIMA(ケイマン諸島金融庁)から許認可を得てマネジメントしています。

海外FX業者とは言え、日本人スタッフが所属していたり、日本語用のサイトが完備されているなど、日本人へのサポート体制も整っているため安心して利用できるブローカーの1つもであります。

Tradeviewの最大の特徴は、

業界最狭水準のスプレッド
高約定力

の2点が挙げられます。

ILC口座(ECN)ならどんなところよりもリーズナブルに取引可能

Tradeviewの大きな特徴の一つが、「取引コストを可能な限り抑えることができる」ことです。普段、国内のFX業者を利用している方が、海外FX業者を遠ざける理由の一つが「スプレッド」や「手数料」などの取引コストが高くなってしまうことではないでしょうか。

実際のところ、海外FX業者の代表格である「XM」のスタンダード・マイクロ口座では「平均スプレッド(USD/JPY)」が「約2.0Pips」なのに対し、国内FX業者の「平均スプレッド(USD/JPY)」は「約0.3Pips」です。

しかし取引コストが高くなってしまうという理由で、「ハイレバレッジで取引できる」「追証が無い」という国内FXにはないとても魅力的な特徴を持つ海外FX業者の利用を諦めてしまうのは、非常にもったいないことですね。

Tradeviewのスプレッドが業界最狭である理由

TradeviewのILC口座(ECN)を開設すると、全通貨平均スプレッド「0.2Pips」という破格のスプレッドでFXトレードを行うことができ、「最低スプレッド」は0.0Pipsとなっています。海外FX業者の中で最も手狭な水準のスプレッド設定となっており、これについては国内FX業者のスプレッドにも引けを取りません。

Tradeviewのスプレッドがここまで小さく設定されている背景にあるのは、「ECN方式」を採用しているからです。「ECN方式」とは、FXトレーダーの注文を「FX業者・ディーラーを介さず」に「オークション形式」でマッチングさせる注文方式のことです。

ECN方式では、トレーダー同士の注文が「自動マッチング」するため、マッチングのタイミングが良ければ「スプレッドが発生しません」。他にも、FX業者を介さずに約定が行われるため、FX業者がマークアップして価格表示することができないことが、狭いスプレッドにつながっているのです。

こちらのECN方式の特徴によって、Tradeviewの「全通貨平均スプレッド0.2Pips」が実現しています。とは言っても、スプレッドが設定されていないとFX業者の取り分(収益)が生まれ無いため、ECN方式を採用するFX業者は別途「取引手数料」を徴収することになります。

Tradeviewの取引手数料と他海外FX業者との比較

Tradeviewの取引手数料は、「10万通貨(1lot)の往復取引」ごとに「5ドル」、Pips換算で0.5pipsとなっています。

他の海外FX業者にもECN口座は用意されていますが、海外FXの代表格でもある「XM」の「XM Zero口座」の取引手数料は「往復1.0Pips」、低スプレッドに根強い支持を誇る「Titan FX」のブレード口座(ECN)取引手数料でも「往復0.7Pips」ということからも理解できるように、取引手数料もまた、他のどんな海外FX業者よりも低い水準に設定されています。

Tradeviewの取引コストは業界最小

ECN方式を採用しているTradeviewの「ILC口座」で取引する場合に求められる取引コストは、「スプレッド+取引手数料」で導き出すことができます。

スプレッドが「0.2Pips」だとした場合、「0.2Pips(スプレッド)+0.5Pips(取引手数料)=0.7Pips」となるため、Tradeviewを利用すればごくごく僅かな「0.7Pips」のコストでトレードすることができるというわけです。

上記の通りこれについては他の海外FX業者と比較しても業界最小と言えるレベルだと考えられます。