FXの取引時間はいつ?時間帯別の特徴とおすすめの取引時間とは?

FXの取引時間はいつ?

土日の休みを除いては平日24時間トレード可能

FXの取引が可能な時間帯は日本の株式市場などと対比させれば長いです。土日は為替市場が休みのため取引はできませんが、平日は24時間市場が開いていますので取引可能です。

世界各国には各々の地域の為替市場があります。まずオセアニア市場が開き、次に東京市場、ロンドン市場、最後にニューヨーク市場という順です。各々一定の取引時間帯があり、それが一部重なっているため24時間取引できるのです。

株式市場も各地域に市場がありますが、各々の市場に上場されている株式銘柄は市場によって違うため、定められた株式を24時間取引することはできません。

ところが、FXで売買される対象は円やドル、ユーロなどの通貨で、どの市場で取引しても円は円、ドルはドルで変わりません。そのため複数の市場をクロスして24時間取引が可能になるのです。

ただし、FX会社が取り扱っている取引システムによっては、メンテナンスなどで取引ができない時間帯が組まれている場合があります。

海外市場のサマータイムには用心が必要

世界各国の為替市場は、その地方の現地時間に合わせて市場のオープンとクローズの時間が変わります。これを受け、日本時間の何時にどこの市場がオープンして何時にクローズするかを把握することは、それほどまでに困難なことではありません。

しかし、各市場のオープンの時間を把握する上で一つだけ注意すべき点があります。これに関してはサマータイムの存在です。

時間帯別の特徴とおすすめの取引時間

サマータイムとは、欧米で行われているタイムシフトのことです。夏は早くから夜が明けますので、時間を1時間前倒しにし、夏が終わったら元に戻すということが行われています。その地方の時計をすべて進ませたり遅らせたりすることになりますので、日本から見るとサマータイムの場合は開始時間が早まることになります。

いつサマータイムが始まるかは日付で固定化されているわけではありませんので、スウィッチのタイミングは事前に把握して注意するようにしましょう。

各時間帯別の特徴

オセアニア時間の特徴

オセアニア市場は、ニュージーランドのウェリントン市場やオーストラリアのシドニー市場が含まれます。時間帯は日本時間の朝6時〜8時です。ウェリントンやシドニーは日付変更線のすぐそばにありますので、日付が変わった最初の取引が行われることになるのがオセアニア市場の特徴です。

平日に関しましてはニューヨーク市場の終了前の時間帯にあたるため、取引量はそれほどまでに多くはありません。しかし、週明けの月曜日は前週末の終値から大きく為替レートが遷移する場合があります。

東京時間の特徴

東京市場は世界3大市場の1つといわれていますが、他のロンドンやニューヨークと比較すると取引量は少ないです。これを受け、大きなトレンドが生まれることは少なく、レンジ相場になる傾向が強いという特徴があります。

時間帯別の特徴とオススメの取引時間

時間帯は日本時間で朝8時〜午後15時までです。午前中は仲値や指標の発表などによってそれなりに値動きが活発になりやすいですが、午後になると市場が落ち着いて価格変動幅も緩やかになるのが一般的です。

また、東京市場は実需が多いという特徴もあります。実需とは、実際の輸出入の決済などで使用する通貨を確保する取引のことをいいます。この時間帯は、世界的に取引している大企業などが主に実需取引を行う時間にあたります。

ロンドン時間の特徴

時間帯は日本時間で午後15時〜21時ですが、その前は東京市場と、後ろはニューヨーク市場とダブっています。

東京市場の流れはロンドン市場に引き継がれますが、ロンドン市場から新規参加する投資家も多くなるため取引が活発になり、価格変動幅も激しくなるのが特徴です。東京市場とはまったく違った流れになることも多く、流動性が高くなるとともにトレンドも生じてきます。

また、市場の開始時間帯は値動きが激しくなるだけでなく「騙し」が発生しやすいという特質もあります。騙しとは、テクニカル分析で買いのサインが出ているにもかかわらず、実際には売りが有利な方向に相場が動くなどテクニカル分析結果と逆の動きの相場が引き起こされることです。

ニューヨーク時間の特徴

ニューヨーク市場の時間帯は日本時間で午後21時〜翌朝6時までです。ニューヨーク市場はロンドン市場と同様に取引量が多く、世界中の投資家が取引に参加してきます。

ヨーロッパの取引時間帯から引き続きニューヨーク市場に入ってくる投資家も多いです。これを受け、ロンドン市場と重なる時間帯は、トレンドが引き継がれ取引も活発になりますが、ニューヨークの午後の時間帯に入るとヨーロッパの投資家が手じまいしてとてつもなく取引が希少となるという性質があります。

また、ニューヨーク市場は1日のおしまいの市場になりますので、金曜日の市場クローズに近い時間帯は次週にポジションを持ち越すことを回避するため取引が閑散になることがあります。そのため、この時間帯は為替レートの激変が起こりやすく気をつける必要があります。