FXとは何?FXの基本的な知識まとめ。

FXってそもそもなんなの?

FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」でありまして、全く異なる通貨同士を買ったり売ったりすること利益を得る行為のことを指し示します。

FXのニュースとしては、「本日の為替は、1ドル110円です」などの為替レートに関するものがたくさんあります。

これに関しては日本円と米ドルがどれくらいの価格で取引されているかを表示しており、為替のレートは毎日のように変動しています。

FXでは、価格変動を利用して利益を出すからこそ、経済ニュースに詳しい方のほうが有利だとも言えます。

FXで利益が出る仕組みとは?

FXで利益を出すための方法を理解するために、簡単な具体例で確認してみましょう。

 

例:

Aさんは、1ドル100円の時に安いと思い、10,000円でドルを100ドル分買いました。

してみたら数日後、ドルの価格が上がり「1ドル買うためには110円必要」の状態になったとします。

この際、今Aさんが保持している100ドルを売れば11,000円になるため、1,000円の利益を得ることができるというわけです。

こういったように通貨の価格変動を利用して利益を出すのが、FXの基礎的な仕組みとなります。

 

FXの基本的な知識

FXにはレバレッジやスプレッドなどの、初心者の方はあまり聞いたことのない基本的な用語が複数存在します。

FXを始めるのであれば、そういった基本知識は紛れもなく事前に知っておかなくてはいけません。

FXを始める前に知ってほしい基本知識は次にあげる通りです。

【円高・円安】

円高とは他国通貨に対して、円の価値が高くなること。

例)1ドル110円から1ドル100円になるなど、少ない円で多くの他国通貨を買える状況のこと。

かえって円安とは円の価値が低くなること。

例)1ドル100円から1ドル110円になるなど、他国の通貨を買うためにより多くの円が必要な状態のこと。

【他国の通貨】

日本円以外の通貨を指す言葉で、為替取引に使われる通貨ということを意味します。

メジャーな通貨としては、米ドル、ユーロ、ポンドなどが有名。

メジャー通貨は取引している人が多いため、安定感がある取引が可能である。

【レバレッジ】

レバレッジは、少ない資金で多額の取引を可能にする仕組みのこと。

倍率はFX業者によって開きが出て、国内FXでは最大25倍、海外FXでは最大3,000倍のレバレッジを利用することが可能。

例)レバレッジが500倍の場合

1万円の資金でのスタートだったとしましても、「1万×500倍=500万円分」の取引が可能。

【必要証拠金】

FX取引において売買を行う際に最低限必要な委託金のことを言い、取引を行うための担保のようなもの。

レバレッジの倍率によって、必要証拠金は異なります。

例)

1億円分の取引を行う場合

レバレッジ25倍⇒1億円÷25倍=400万円分の必要証拠金を準備しないとなりません。

レバレッジ1000倍⇒1億円÷1000倍=10万円分の必要証拠金で取引することができます。

【スプレッド】

スプレッドは、FXの取引における手数料のことです。

スプレッドが広いほど手数料が高く、スプレッドが狭いほど手数料が安く済みます。

【スワップポイント】

通貨同士の金利差のこと。

この差が大きければ大きいほど、ゲットできる金額も大きくなります。

【強制ロスカット】

FX取引の最中においてマイナスが生じてしまい、その損失額が資産を下回ってしまう時はに取引が勝手に中止されることです。

あまり高いレバレッジで取引してしまうと、強制ロスカットにかかってしまうことが多いため要注意。

FX取引で成功するためにも、こういった知識は少なくともおさえておきましょう。

経済的自由のためにFXが人気がある3つの理由

経済的自由を手にするために、株や不動産投資など様々な手法が見受けられますが、FXはこういう資産運用の中で一番人気があります。

FXが他の資産運用方法よりも人気な理由は、次にあげる3つのプラスの面が多いからです。

理由1.株式よりも分かりやすく、いつでも利益が出る

理由2.不動産と違い流動性がある

理由3.レバレッジが効くため、少ない資産から増やすことが出来る

FXで効率よく稼げるようになるために、FXにしかないメリットを見ていきましょう。

1.株式よりも分かりやすく、絶え間なく稼ぐことができる

何か投資を始めてみたいけど、「日中は仕事があるため時間がない」という方は多いのではないでしょうか。

株式投資に於いては、平日の朝9時から昼3時までしか取引をすることができないため、日中の間に仕事がある方は取引をすることができません。

しかし、FXであれば土日を除いて24時間いつでも取引を行うことができるため、日中に時間のない方でも取引することが可能だと言えます。

この理由により、FXは誰でも資産を増やすことができる運用方法だと言われています。

2.不動産と違い流動性がある

「急にお金が必要になってしまった」なんてときに、流動性の低い不動産では、即座に売却することはできません。

それに伴って、不動産ではすぐに売却をするために極めて安い価格で売らざるを得ないことがあります。

自らが必要なタイミングにお金が戻せなかったり、ロープライスでしか売却できないのは困りますよね。

FXは高い流動性があるため、絶え間なく自分の好きなタイミングかつ適切な価格で売却することが可能だと言えます。

3.レバレッジが効くため、僅かな資産から増やすことができる

レバレッジは、FX取引をする際に「自分が持っている以上の資金」で取引をすることです。

レバレッジは誰でも利用できるため、少ない資産プラス短時間で大きな利益を得ることができます。

レバレッジは、資金が少ない初心者の方に欠かす事ができない仕組みだと言えるでしょう。

【資金10万円の場合】

レバレッジを利用しない場合:最大で10万円分の取引しかできない

レバレッジ(1000倍)を利用したケース:最大で1億円分の取引が可能

レバレッジを利用したケースと、利用しない場合で取引金額に大きな差があることが分かりますね。

不動産の場合であればローン、株式であれば3倍程度のレバレッジを利用することができますが、FXでは最大3,000倍ものレバレッジを利用することが可能です。

FXだからこそできる高レバレッジを有益に活用して、資産を増やしていきましょう。