海外FX業者と国内FX業者のスプレッドの違いについて。

海外FX業者と国内FX業者のスプレッドの相違する所

一番初めに周知しておきたいのは「海外FX業者のスプレッドと国内FX業者のスプレッドの違い」になります。

国内FX業者のスプレッドの相場
米ドル/円 0.3pips~0.5pips
原則固定スプレッド

海外FX業者のスプレッドの相場
米ドル/円 0.8pips~1.2pips
変動スプレッド

という違いがあります。

わかりやすく言うと

国内FX業者のスプレッドの方が、海外FX業者のスプレッドよりも狭い

ということなのです。

どうして、国内FX業者のスプレッドの方が、海外FX業者のスプレッドよりも狭いのか?

取引方法の違いが影響しております。

国内FX業者の取引方法

呑み取引(店頭取引、OTC取引、相対取引)

海外FX業者の取引方法

NDD取引「ノン・ディーリング・デスク」(STP取引、ECN取引)

わかりやすく説明すると

国内FX業者の場合

投資家の注文は、FX業者が呑む
インターバンク市場では取引をしない

海外FX業者のケースでは

投資家の注文は、ストレートにインターバンク市場に流す

という違いがあります。

すべての取引が上記で述べた仕組みではありませんが、おおよそこのような内容の差異があります。

国内FX業者は「投資家の注文を呑む」だけですですから、何もすることがなく、コストが掛からない分、スプレッドを狭く設定することができるのです。

インターバンク市場での通貨の売買をしないため、スプレッドも「固定」できるのです。

「原則固定」となっているのは、指標発表時や大きな経済トピックがあるときなど、注文が集中するときに全部の注文を呑まずにカバー取引をしてリスクヘッジをするケースがあります。そのようなケースですと、スプレッドが広がってしまうため、「原則固定」という言葉になっているのです。

のとは反対に、海外FX業者は実際にインターバンク市場で、いくつものリクイディティプロバイダーと通貨の売買をして、レートを受け取るので、毎度のようにスプレッドは上下してしまいます。

である為に、「変動」スプレッドが基本となるのです。

海外FX業者のスプレッド比較のポイント

1.変動スプレッドは「平均スプレッド」で比較検討する

先ほどのように海外FX業者のスプレッドは「変動スプレッド」を採用されています。

海外FX業者A社 最小スプレッド:0.1pips~
海外FX業者B社 最小スプレッド:0.2pips~
海外FX業者C社 最小スプレッド:0.3pips~

になっていましても、

「最小値」だけで比較して、海外FX業者A社をチョイスしたとしても

「実際は一番スプレッドが高かった。」
「すごくスプレッドが広い感じがするんだけど、なぜだろう。」

となってしまう可能性が低くないのです。

それに関しても、そのはずで「最小値」のスプレッドでは、スプレッドの比較のしようがないのです。

比較すべきなのは「最小値」ではなく、「平均値」ではないでしょうか。

海外FX業者の中でも、良心的な業者は「変動スプレッドの平均値(平均スプレッド)」をアップしています。