海外FXのNDD方式と国内FXのDD方式の違いとは何?

海外FXのNDD方式とはインターバンク直結型

NDD方式とは、ノーディーリングデスク方式の略称であり、FX業者のディーラーが取引には関わらないことを表しています。

海外FXではおおかたの業者がNDD方式を組み込んでおり、海外FX業者は投資家の注文をただ単に取り次ぐだけで、注文はストレートに取引市場(インターバンク市場)に流されるのが定番なのです。

海外FX業者 NDD方式 インターバンク市場取引と国内FXのDD方式

信頼性が高く、安全なNDD方式

NDD方式では投資家の注文はインターバンク市場に直結することを通じて海外FX業者は取引に参入できない形となっており、取引操作が行えないという取引の安全性の面において透明性・信頼性が高いものです。

また、海外FX業者は注文を取り次ぐ単なるブローカーとして、取引手数料であるスプレッドを収益の柱としている事業形態を採っていることからも信頼性が高いと言えます。

つまり、NDD方式を採用している海外FX業者は不正行為ができない、遂行したとしても顧客が離れスプレッドによる利益がなくなるので、ノミ行為などの不正をする意味がないということです。

国内FXのDD方式とはノミ行為・取引操作型

DD方式とは、ディーリングデスク方式の略称であり、FX業者のディーラーが取引に関係することを意味し、メインとして国内FX業者が利用しています。

DD方式については、投資家の注文はダイレクトに取引市場に流されず、国内FX業者が注文を受け入れて持ち合わせるため、為替市場に対しカバー取引という反対売買を行うことにより、国内FX業者が投資家に対する直接的な取引相手というわけです。

海外FX業者 NDD方式 インターバンク市場取引

取引の透明性がなく、リスクが高いDD方式

国内FX業者が投資家に対する直接の取引相手となるというという事は、双方が互いに取引相手として「相対取引」を始めることであり、国内FX業者と投資家は「利益相反関係」というわけです。

FX取引における利益相反関係とは、

FX業者が勝利したなら、投資家が負ける
投資家が勝利したなら、FX業者が負ける

このような内容の利益相反取引になるので、国内FX業者は自分の会社が収益をあげるには結果的に投資家に負けてもらう、損してもらわなければなりませんのでノミ行為などの「取引操作」を行うリスクがあり取引の透明性が低いと言わざるをえません。

カバー取引しないで取引操作するリスク

DD方式に関して行われるカバー取引とはリスクヘッジ取引でありまして、国内FX業者のディーラーは、注文状況や相場状況を参照しながらリスクヘッジを掛けながらできるだけ儲けを出す良い機会を画策することになります。しかしながら、自分の会社に不利な注文に対しましてはカバー取引を掛けず、取引操作は行ないませんと自社が損することになります。これを受け、投資家は自分の注文に対して以下のような不正操作が浴びせられる危険があります。

一般的にスプレッドは国内FX業者の方がまだ安いことが多いですが、利幅が薄いなスプレッド収入に加えて、投資家を打ち負かすことによって利益を大きくしようとするのです。

NDD方式とDD方式のまとめ

NDD方式(海外FX)

・海外FX業者の多くが採用しているNDD方式では注文が直にインターバンク市場に直結する。
・そういう理由で、海外FX業者は取次業者として取引には関与しないので取引操作ができない、あるいはする意味がない。すなわち取引の透明性が高く信頼できる。
・海外FX業者のスプレッドは国内FXよりも高い傾向が強いが、取次ぎブローカーとしてスプレッド収入を収益源とする明瞭な事業を行っている。

DD方式(国内FX)

・ところが、DD方式では国内FX業者は注文を抱えているので、投資家にとって直接的な取引相手となり、利益相反関係者となる。
・このおかげで、自社が損しないがために投資家に不正取引操作を行わざるをえないケースがあり、取引の安全性、信頼性が不透明である。

これらのことから、NDD方式を採用している海外FX口座の方が信頼性が高くセーフティーな取引を行うことができると考えられます。