海外FXの口座開設のメリットまとめ。

海外FX口座開設のメリットとは?

海外FX口座開設のメリット

1.高いレバレッジ
2.ゼロカット方式
3.豊富なボーナス
4.自動売買に対応
5.取引ツール・取引方法がいろいろある
6.高水準のCFD取引環境

1.高いレバレッジ

日本国内ではFX会社が既に多く見受けられるのにも拘らず、なぜ海外FX会社が日本のトレーダーの間で人気が高まっているのでしょうか?その理由のひとつは、海外FX会社が日本のレバレッジの規制対象外である為です。日本国内では、FX会社の最大レバレッジは25倍に規制されていますが、通常海外のFX会社では200倍、500倍、888倍等といった高いレバレッジをトレーダーに提供しているところがいっぱいあります。

レバレッジを使うことにより、より少ない予算で多くの通貨量を取引することを可能にします。海外FX会社の提供する高いレバレッジを上手く活用することにより、ポジション管理のフレキシビリティーを高める、取引利益を拡大するといった可能性が出てくるので、トレーダーにとって大きなメリットとなり得ます。とは言っても、レバレッジはトレーダーの資本金(証拠金)に対して、より多くの通貨量を取引することを可能にするので、リスクが増す可能性があることも意味するのです。

2.ゼロカット方式

外国為替取引の最大のメリットの一つは、レバレッジを掛けることによって、少ない予算でより多くの通貨量を取引可能にすることでよく厚い支持を得ています。FX取引というと、「証拠金取引」と称されているものを指し示しています。「証拠金取引」とは、トレーダーで適応されたレバレッジ比率および取引のリスクとは関係なしに、FX会社がお預かりしている証拠金額以上の損失が発生しないという原理です。

外国為替を取引する際に、価格の上下動は、トレーダーの取引口座に存在する証拠金額に影響を及ぼします。トレーダーの予測に反して価格が移動し、証拠金がFX会社の指定されたロスカットレベル(必要証拠金維持率)まで減らされることになれば、すべてのオープンポジションがオートマチックに決済されることは普通に知られています。これについては、預けた証拠金額を上回る損失の発生を避け、マイナスの口座残高をもたらす一定のロスカットレベル(必要証拠金維持率)を下回らないように確保するためです。

しかし、ごく稀に起こる自然災害、スイス国立銀行(SNB・中央銀行)によるEUR / CHF固定金利の除去やリーマン・ショックなどのスケールの大きい金融危機といった起因が、外国為替市場に強烈なボラティリティ(変動)を引き起こす可能性があります。この極端な価格変動などを通して、市場から流動性が一切合財なくなり、FX会社の証拠金維持率ロスカットレベルで取引を決済する能力が阻止される可能性にもなりかねません。これによって、預け入れた証拠金を上回る損失の発生することにつながる可能性があり、口座残高がマイナスを出す状態を引き起こす要因となってしまいます。

しかし、ほとんどすべての海外FX業者では「追証ゼロサービス」と呼ばれる他では見られないサービスが提供されています。「追証ゼロサービス」とは、為替相場がどんなに急激に変動しても、口座残高がマイナスになると、トレーダーの証拠金がオートマティックにゼロにリセットされる特異なサービスです。種々の日本国内FX会社では、この特別な「追証ゼロサービス」はまだ存在して存在しておりません。ですので、日本国内FX会社を利用されるケースでは、甚だしい為替変動のとき、スケールの大きい損失をカバーするために国内FX業者から追加証拠金の入金がトレーダーへ要求されることになります。

3.豊富なボーナス

海外FX業者を使用するもう一つのメリットは、多岐に亘る業者が豊富な種類のボーナスを提供しているポイントです。当然、日本国内FX業者も「新規口座開設」および「キャシュバック」などのキャンペーンを実施しております。しかしながら、海外FX業者によって提供される高額報酬、様々なボーナスは国内FX業者と比べて魅惑的であると言えます。

ひとつの例として、これらの高額報酬またボーナスは、「新規口座開設」、「初回・追加入金ボーナス」、「入金は必要なしのボーナス」(入金を必要とせずに追加の証拠金を得るボーナス)だけでなく、取引活動から手に入れたリベートおよびキャッシュバックのボーナスも含まれていることが顕著に見られます。至極当然、これらのボーナスはお客様に対し口座開設、入金および取引するためにトレーダーへ一押しすることを目的とするものです。それだけでなく、このようなボーナス制度はユーザーの有効証拠金を増加させることによって、不採算取引による損失の大きさを最低限に抑制します。

こういう追加証拠金は、市場ボラティリティの期間における為替レートが逆の方向へ動いても、オープンポジションをより長い期間維持するために有益で、利益を得る可能性が高くなります。

これからあげる3種類のボーナスがあります:

1)新規口座開設ボーナス

このボーナス制度は通常、ユーザーが新規口座を開設したタイミングから、有効証拠金を増やすために、入金を必要とすることなくボーナスが供与されます。ひとつの例として、XMでは新規口座を開設すると、入金なしで3000円の追加証拠金が手に入ります。

2)初回・追加入金ボーナス

これについてはお客様の入金額に対してプラスされるボーナスです。一定の海外FX会社では最大総計額500,000円までの初回および追加入金額に対し、50%+20%という2段階式のようなボーナスが供与されます。例として200,000円を入金したケースでは、入金額を半分に分けた100,000円に対して50%(5万円)、それにプラスして、残りの100,000円に対して20%(2万円)の2段階式でボーナスを手にすることができます。結局のところこうした場合のトレーダーの有効証拠金の合計は、270,000円(20万円入金+5万円+2万円ボーナス)となります。

3)取引ボーナスとポイント制度

FX会社が提供するボーナスの一つとしてこれとは他に、取引ボーナス及びポイント制度があります。こういったボーナス制度では、トレーダーの取引活動に従って、ポイントを収集して様々なボーナスに換金することができます。ひとつの例としてXMfrは、取引数量や取引期間をベースにしてXMP(XMポイント)を集め、制限無しの現金報酬とボーナスを獲得するロイヤルティプログラムを提供しています。獲得したポイント毎に取引ボーナス(追加証拠金ボーナス)またはユーザーの決められた銀行口座へ直接出金できる現金に換金することが可能となります。

4.自動売買・EA(Expert Advisor)に対応

メタトレーダー、またの名をMT4・MT5は、多岐に亘る海外FX会社によって提供される電子取引プラットフォームやテクニカル分析ソフトウェアツールになります。メタトレーダー4(MT4)取引プラットフォームは、MetaQuotes Softwareと呼ばれるロシア企業によって作られ、2010年にメタトレーダー5(MT5)が公表されました。メタトレーダー4・5は、トレーダーにライブ為替レートの監視やチャートの監視能力を付与し、いくつもの注文種類を生じさせ、FX取引口座管理を可能にさせます。

MT4やMT5の取引ソフトウェアは、MQL4/ MQL5といった専用スクリプト言語を使用することによって、自動売買あるいは(ΕΑ) Expert Advisor、カスタム指標およびスクリプトを構築することを可能にします。メタトレーダーの人気はメインとしてアルゴリズム取引機能を完備しているプラットフォームの互換性に始まり、世界的な規模で一番利用されている信頼性の高い取引プラットフォームになります。

自動売買・ (EA) Expert Advisorとは?

(EA) Expert Advisor (エキスパートアドバイザー)とは、トレーダーのダイレクトな関与を持たずに、全ての指示をオートマティックに表すことができる、メタトレーダープラットフォーム(MT4・MT5)専用に書かれたソフトウェアになります。

(EA) エキスパートアドバイザーは、取引発生・決済の最適な期間等の取引決定についてアドバイスをすることや、トレーダーの代理として、オートマティックに取引口座における取引をするようプログラムすることができます。ついでに、(EA) エキスパートアドバイザーは、メタトレーダーのプラットフォーム上での全て利用可能な情報を考慮し、多数の負の心理的要因を緩和することができる柔軟なソフトウェアの種類になります。

わかりやすく言うと、(EA) エキスパートアドバイザーはオートマティックにタスクを行い、どんな介入も受けずに、ブローカーに取引注文を送信するプログラムです。トレーダーは100パーセントEAの設定を調整することができ、EAのすべてのパラメーターを設定した後、開始するにあたり設定された戦略に応じてオートマティックに取引がスタートします。

自動売買・ (EA) Expert Advisorのメリットとは?

(EA) エキスパートアドバイザーは、外国為替証拠金取引によって引き起こされる心理的不安やストレスを軽減する際にとても役に立ちます。トレーダーはEAをきちんと利用することにより、継続的な意思決定の責任を減少させられるので、取引決定に関してストレスが少なくなり、複雑化を防ぐわけです。

5.取引ツール・取引方法が豊富

海外FX業者のもう一つの最たるメリットは、海外FX会社の取引技術と取引方法がここ数年にわたって国内FX会社と対比すると、とても速く成長してきたことです。トレーダーへ取引可能な広い範囲にわたっている金融商品や多種にわたる取引方法を提供し続けるために、自分の会社の取引プラットフォームや技術を開発した海外FX会社が数えられないほど見られます。

資産ポートフォリオ取引・分析法とは?

一部の海外FX会社が提供し始めた技術のひとつで、通貨ペア、指数およびコモディティ等の様々なアセットタイプを交ぜ合わせることにより、トレーダーに取引可能な金融商品 (合併商品) の作成能力を与えるためのテクノロジーです。

こういった取引方法は、多種多様な異なる資産クラスや相関性の低い金融商品を結び付けることで、トレーダーのポートフォリオを多様化させ、短期および長期のリスクを最小限に抑えながら安定的に高い結果を上げることができるという考えから誕生しているといえます。

一つの例として、IFC MarketsのNetTradeX取引プラットフォームでは、投資家へ取引可能なポートフォリオの作成を現実にし、履歴データに基づいて資産クラスプラスポートフォリオの動きの相互関係を一つの取引プラットフォームのみでリサーチすることが不可能ではありません。