海外FXがスキャルピングに適している理由とは?

海外FXがスキャルピングにちょうど良い理由とは?

スキャルピングとは、数秒、数分といった超短時間に手じまいする取引を何度もリピートする取引手法のことで、FXの取引手法の中でも最短の時間で取引をします。FXのスキャルピングを行うケースになると、国内FXよりも海外FXの方が都合がいいといわれています。この主な理由は2つあります。

1つは、海外FXはハイレバレッジ取引ができるからです。レバレッジ取引とは、FX会社に拠出した証拠金の何倍もの取引を行うことを意味します。レバレッジの倍率を上げることによって、わずかな資金で大きな金額の取引を行い多額の利益を望める点がFX取引の魅力の1つとなっています。

ハイレバレッジ取引とは、レバレッジの倍率が高い取引のことで、海外FXでは国内FXではできないハイレバレッジ取引ができるアドバンテージがあります。ハイレバレッジ取引をすることで、その場限りの小さな為替レートの変動でも各取引で一定の利益を確保できるようになるため、スキャルピングとハイレバレッジは相性が合うのです。

海外FXはスキャルピングに適している

もう1つの理由は、海外FXの収益構造が関わっているのです。

国内FX会社はスキャルピング取引が増えるとリスクが読みにくくなる収益構造の為、スキャルピングを避ける傾向があります。ところが、海外FX会社はスキャルピング取引が増えてもリスクは変わらず、取引量が増す分、海外FX会社の手数料やスプレッドによる利益が増加する収益構造でもあります。

そのため、ほとんどの海外FX会社はスキャルピングを手厚く遇しています。