レバレッジとはどんな意味?メリット・デメリットまとめ。

レバレッジとはどういった意味?

レバレッジと言いますのは、「てこの原理」ということを意味します。支点から離れれば離れるほど反対側にある重いものを軽い力で持ち上げられるのがてこの原理です。

FXでは、わずかな金額の証拠金をFX会社に預け、当該の何倍もの取引ができるシステムがあります。これをレバレッジと呼びます。少額の証拠金という小さな力で多額の取引という大きなものを動かせるためこのように言われています。

国内FXではこちらのレバレッジの倍率は最大25倍までにコントロールされていますが、海外FXでは数百倍ということはめずらしくなく、例外的なものとして千倍を超えるレバレッジがかけられる海外FX会社も見られます。

レバレッジが可能になる理由とは?

証拠金以上の金額の取引ができる理由は2つあります。

一つ目は、FX取引の差額決済が基本であるポイントです。FX投資は異なる2つの通貨を売買する取引ですので、買いと売りがワンセットになっています。従来の投資は購入した段階で購入代金を支払い、売却した時点で売却代金を手に入れることになります。このとき、支払金額と売却金額の差額が利益となってきます。

ところが、FX取引では先に購入してあとで売却をする場合、購入時点で代金を支払う必要はなく、売却して差額が明らかになった時点で差額のみの決済を行うシステムになっています。そのため、万が一にもレバレッジをかけて大きな金額の取引をしたとしても購入時点で大きな資金を用意する必要がないのです。

理解しやすくレバレッジを解説

2つ目はFX会社側の処理です。簡単に説明すると、25倍のレバレッジをかける場合、FX会社は取引金額に必要な金額の最低25分の1の金額を投資家から受取って取引に回しますが、それ以外の部分はFX会社が取引を行うことになります。それに伴って、投資家は一部の金額を証拠金として預ければオーケーなのです。

国内FX会社の場合は売り買いの全体を考慮して証拠金以外の部分のありとあらゆる取引を実行するのではなく一部にとどめることがありますが、海外FXの場合は証拠金以外の部分はあれもこれも市場での取引を行います。

レバレッジのメリットとは?

FX取引でレバレッジをかけるメリットは、少額の自己資金だけしかなくても、手持ち資金を超える取引ができることです。自己資金を超える取引ができれば、予想した通りに相場が変化した場合に大きな利益が得られることになります。

具体的に言えば、レバレッジ10倍の取引を行って相場が予定通りの方向に10%変動すれば、証拠金として支払った金額と同額の利益を得られることになります。要領よく稼げる点がレバレッジのメリットであるに違いありません。

レバレッジにはデメリットもある

いかなる投資でもそうですが、リターンを大きくするとリスクも大きくなります。FX投資も例外ではありません。FXでレバレッジを活用する場合のデメリットは、メリットの裏返しでリスクが大きくなることです。

具体的に言えば、10万円の証拠金を支払って10倍のレバレッジをかけて100万円の取引をした場合、相場が予想と逆の方向に10%変動すると、10万円の為替差損が生じます。この損失は証拠金と同額ですから投資金額のすべてを失うことになります。

レバレッジの倍率を上げていけば、より以上に損失は拡大することになり、証拠金を超えるマイナスが出る可能性も出てきます。リスクが大きくなる点がレバレッジのデメリットです。